読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ドーム 中日 巨人戦の分かれ目 個人的分析 

こんにちは

今日は好きな野球についての記事です。  

 

野球  


今村信貴 VS ドラゴンズ  東京ドーム5回戦
先発投手
巨人 今村 中日ネイラー


2回
表 ドラゴンズ攻撃

この勝負で一番問題だったのは
桂に打たれた 4球目 
1球目外れて、2球3球と厳しいところを狙いに
いって結果的にボールになってしまった結果

ストライクを投げざるをえなかった

そこでど真中高めにストレートを投げてしまった


さらにとどめになったのは、2アウト満塁で
平田選手に投じた2球目。
まず1球目は、警戒してボールゾーンにフライになる
ように釣り球を投げたあとアウトコース高め 
ボール気味にフォークを投げる。しかし、平田選手は
アウトコース高めの打率は5割越えを誇る。
おそらく、アウトコースボールゾーンの真ん中に
フォークを落としたかったのだろう。
アウトコース高めの打率5割に対し、
アウトコース真ん中はたとえストライクゾーン
であっても平田選手のウィークポイントだからだ。

しかし、結果的にはそこで平田に打たれたことが
ビシエドに再び回ることになる。

今日のドラゴンズのヒット10本のうち7本が
2回に打っており、勝機逃さず強竜打線

東京ドーム
中日-巨人戦を制した。