読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔のないヒトラーたち

 

この映画は、ずっと見たかった作品だった。


私は、80年代の生まれだ。だから、いわゆるノンポリ
言われた世代よりさらに、政治信条に対しては共感する部分が
少ない。

加えて、ヒトラーという独裁者は、ドイツ国民の代表では
ないと言わんばかりのレジスタンスストーリーにも
正直食傷気味だった。


そんな私が、特に見たいと思ったのはこの作品だった。

まずあらすじと予告編をみていただきたい。


『顔のないヒトラーたち』予告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この予告編にあるアウシュビッツ
生き残りの、初老のユダヤ人男性 シモンに

たばこの火を貸す男のうでに、SSの認識番号を見つけて
驚愕の表情をするシーンが怖くてたまらなかった。

私は、最近人間の感情の中で怖れというものに興味が出てきている

喜び、悲しみ、怒りは、正直個々人で、あまりにも違う。


しかし、怖いという感情は、怖いと感じるものは
そこまでの差異はないように思う。

わき道にそれてしまった。

 

しかし、この混沌とした戦後ドイツの空気が実に
上質かつ、叙情的になりすぎもせず描かれている。

 


この映画はもちろんドイツの製作だ。。

 

私は、別に過去の戦争について反省すべきだと
思うのではない。そこではなく、この向き合い方をつらぬいてる姿勢は
本当にすばらしい作品だと思う。