読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近、読んだ本について 

こんばんわ。

 

関東の気温はまだ、ちょっと暑いですが。

風のほうは、秋の足音を感じる程度には

涼やかになってきました。

 

 

今日は、最近読んだ本について

www.amazon.co.jp

 

以下 (amazonより抜粋)

あらすじ 

“ラバーネック”/「名詞」(ゴムのように首を伸ばして)むやみに見る人、物見高い人。アスペルガー症候群のパトリックは人とのコミュニケーションは苦手だが、一端興味を抱いたことに対する追求心は凄まじい。十年前の父親の事故死をきっかけに「死」への探求にとらわれ、医大の生物学部で解剖学を学んでいる。解剖実習の途中、「遺体十九番」から不審物を見つけた彼はある疑念を抱く。脳神経科病棟で行われていた驚くべき所業、そして真犯人とは?

 

感想

 

この本を読んだきっかけは、英国推理小説家協会の長篇部門の

ノミネートされた作家の過去作を読みたいなと思ったことです。

 

読んでみて、一番の感想は、英国文学独特の強烈な揶揄の入った

文章が癖になるということです。これが好きなタイプの読者は

すごくハマると思います。主人公と母親とのやり取りの読みながら

泣きそうになるせつないやりとりや病棟における患者と看護士の

関係。

一つ一つ読者が感じる違和感や謎解き欲求に真摯に対応している

文章を見て、きっと真摯な作家なんだろうなと確信しました。

 

最近、日本の小説が読みきれなくて、悩んでいたのですが。

これからは、海外の文学でリハビリするのもいいかなと

思いました。