読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

her 世界でひとつの彼女の感想

 

今日も映画の感想

 

 

Herについて

 

この映画には、魅力的なものがいっぱいあると思うけれど。

 

一番、自分にとって大きかったのは、AIサマンサの声の吹き替えを

林原めぐみさんがやっていること。そして、主人公は松本保典さんである。

 

これだけで、多くの人は思い当たるものが

多いはず。そうスレイヤーズだ。


Slayers Opening NEXT

 

これは、かなり作為的に選ばれてるように思う。

林原さんが、先でそこにあわせるために松本さんを

起用したのではないかと疑うほど。

 

 

このキャスティングには、この映画における非常に

重要な点を含んでいるように思う。

ある世代のアニメファンにとって林原めぐみという人は

声優ブームの走りである。それは、アニメというメディアがない

ところから作ってきた俳優、女優といった方たちから乖離し始める

起点でもある。

 

そんな声優を吹き替えに起用したのは、この映画のヒロインが

ある意味では、幾多のイメージを内包しながらも実態のない

「声だけの女優」=声優の代表としたことが理由である

と思われる。

 

声優は、その後いろいろな変遷を経て今に至る。

しかし、この皮肉というかキャスティングを海外の映画監督が

したのであろうか?その疑問点はやはり残った。